レイクでの増額の方法は2つ?

レイクの増額の方法は2つ

公式サイト

レイクで増額してもらえれば、借り入れられるお金の枠が拡がるだけでなく、場合によっては適用金利を下げてもらえる場合があります。

例えば、利用限度額が現在200万円の人に適用される実質年率は12.0%〜15.0%ですが、仮に増額に成功して利用限度額を230万円にしてもらえる場合は、実質年率は9.0%〜15.0%となります。また限度額が300万円を超えると、7.0%とか4.5%といった固定金利にすることも可能です。

 

金利が減れば、その分払わなければいけない利息額もぐんと下がります。このようなわけで増額には大きなメリットがあります。

 

 

ではレイクで増額するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

主に方法は2つあります。

 

公式サイトレイク側からの増額案内を待つ

 

公式サイト>自分から増額の相談をする

 

どちらが良いかというと、レイク側からのアプローチがある方です。こちらの場合は大きな問題がなければ増額審査に合格する可能性がそれなりに高くあります。
レイクがこれまでの利用実績などを見てGOサインを出している証拠だからです。

 

しかし自分から申し込む場合はそうはいきません。たいして利用もしていないとか延滞を起こしたことがある人が申し込みをしても、優良顧客とは見なしてもらえませんから、審査に受かる可能性は高くないのです。

 

 

また返済に問題がないとしても、契約して時間が経っていない場合はまだ信用が深まっていませんから、やはり良い結果はあまり期待できません。
ですからまずは、レイクから増額案内が通知されるのを待ちましょう。だいたい6カ月以上はコンスタントに利用実績を作っておくとよいでしょう。

 

そうすれば契約するだけでなく、ある程度利息による利益を得させてくれる客と見てもらえるでしょう。

 

 

もう一つのコツは、限度額ぎりぎりまでの借入れをあまり繰り返さないことです。例えば40万円の限度額なら、40万借りて少し返して再び40万借りるようなことは避けるということです。
そういう借り方はお金にひっ迫しているイメージがあるからです。ですから追加融資をするにしても、ある程度の額を返しておく事、できれば最低返済額以上の額を返したり、時々臨時返済をしてみるなどすると、返済能力を示すことにつながるでしょう。また他社での借入れを増やさないことも良い印象を与えるために大事です。

 

 

増額審査で調べられる事

増額を申し込むと、増額審査を受けることになります。審査では他社での借入れ状況はどうか、延滞を起こしていないかなどの信用情報や、
収入はどうかどれくらいの期間契約期間があって、どんな利用をしているかなどがチェックされるでしょう。
また>雇用形態や勤続年数、居住形態なども考慮されるでしょう。もしこれらの情報をチェックして、大きな問題がなければ、あるいは状況が以前よりも良くなっていれば、増額できる可能性は100%ではないにしろそれなりに高いです。