レイクの返済方法には何がある?

公式サイト

銀行のカードローンを使う時に多くの人がまず重要視するのは金利や借入利用額などですね。

 

しかし、取引方法が楽かどうかというのも実は重要な問題です。

 

特に返済は借入の時よりもより責任が大きくなる場面ですから、
返済方法についてよく知っておくことはとても重要です。

 

では新生銀行レイクの場合、返済方法にはどんなものがあるでしょうか?

 

 

レイクには多彩な返済方法が用意されています。
ひとつづつ紹介しましょう。

 

公式サイト ATM

 

レイクは自社ATMの他に、コンビニやゆうちょ銀行などの提携ATMを利用することができます。

 

この点は多くの消費者金融業者も同様ですが、レイクには他にはあまりないメリットがあります。
実はレイクの場合提携ATMで返済しても利用手数料が無料なのです。
これは意外と見落としがちな点ですが、消費者金融業者の中には自社ATMではお金がかからないものの、提携ATMでは108円〜216円の手数料を取るところがけっこうあります。
1回の金額としてはたいしたことはないかもしれませんが、追加融資を何度も繰り返す人にとってはこの利用手数料はバカになりません。

 

ですからこの「レイクの提携ATM利用がタダ」というサービスは大きなポイントになります。

 

 

公式サイト 自動引き落とし

 

カードレス契約をする場合は、この方法が基本の返済方式となります。自動引き落としの場合も手数料は特にかかりません。こちらの方法は忘れっぽい人の場合には特に有効な方法です。
レイクだけでなく他の貸金業者からの借入がある人の場合などもそうです。返済期日をついうっかり忘れたり勘違いしたりすることがあっても、ちゃんと期日通りに返済が自動的に行われるからです。

 

公式サイト WEB返済

 

これはスマホやパソコンなどでインターネットバンキングを使った「WEB返済」です。レイクの会員ページから、ネットバンキングの口座を指定して振込する方法ですが、
手数料無料で日時や場所を選ばずに返済ができるのでとても楽です。

 

この場合、金融機関の営業時間外であってもレイクへの返済としてすぐに反映されるので、次回の返済計画をよりスムーズにたてることも可能です。

 

 

公式サイト 銀行振込

 

銀行振込による返済もレイクでは可能です。こちらはネットバンキングではなく通常の振込手続きとなります。レイクが指定する口座に振り込むことで返済ができますが、こちらの場合は振込手数料がかかってしまいます。ですからあまりおすすめの返済方法ではありません。